« 2015年01月 | メイン | 2017年08月 »

2015年04月 アーカイブ

2015年04月04日

スーパーLLC

スーパーLLCとはエンジンの

超寿命冷却水のことです。

DSCN2640.jpg

DSCN2638.jpg

近年エンジンオイルその他のロングライフ化

が進み、環境にやさしくなり、お客様の負担軽減

にも一役買っています。

一昔前のことですが、不凍液に使用されて

いたエチレングリコールがワインに入れられ

問題になったことがあったように記憶して

いますが、某メーカーのスーパーLLCの

成分表をみると88%がエチレングリコール

とのこと、今も昔も成分に変わりがないようです。

 

走行テスト

車検、点検整備、その他修理後に

安全確認の為、走行テストをさせて頂いて

います。

車検で入庫したニュービートルが完成し

走行テストを行い当社に戻ると、突然

エンジンがヒートしました。

お客様に納車後でなく良かったのですが、

整備担当者も驚いた様子で、原因調査の為

各部点検したところ、エンジンの冷却水を

循環させるウォーターポンプのフィンが

こなごなに割れていました。

写真左が割れた部品で、右が新品部品です。

DSCN3023.jpg

以前にもこのような故障はありましたが、

車検入庫時にこのようなことは、めずらしいこと

です。

お客様に問い合わせたところ、しばらく乗って

いなかったそうです。

あぶないところでした。

2015年04月10日

ベンツW124ワイパー故障

ベンツW124はマニアの間で根強い人気

がある車です。

DSCN3047.jpg

ワイパーを使用していたら、焦げ臭いにおいがして

急に止まってしまい動かなくなったと、修理依頼

がありました。

以前にも良く修理依頼のあったタイプのワイパー

なので故障原因の察しは付いたので、さっそく

ワイパー本体を取り外し分解してみました。

原因は駆動ギヤが壊れてしまい、モーターがロック

して焼けていました。

 

DSCN3042.jpg

写真に写っている壊れたギヤ部品の供給が

ないので、ワイパー本体とモーターの交換が必要

になり、修理には多額の費用がかかります。

今回ご予算もあり、廉価なリサイクル品が入手

できたので、それで対応させて頂きました。

実は日本でギヤを作成している会社が

あるのですが、やはり安くはないのです。

リサイクル部品も分解して、ギヤの状態を

確認してから交換致しました。

 

 

 

2015年04月14日

プロペラシャフトジョイント故障

一昔前に先代の社長や先輩に聞いた話ですが

終戦直後の車両はよく壊れ、リヤシャフトが折れたり

リーフスプリングが折れ、又、プロペラシャフトが

外れたり、今では考えられない故障があったそうです。

DSCN3052.jpg

ホームページを見たお客様から連絡があり、

プロペラシャトが外れた車両が入庫しました。

最近ではあまりない故障なので驚きました。

以前はスパイダキットという補給部品が出ていたので

(メーカーによっては今でも供給があると思われます)

ジョイントにがたがある場合には交換作業を行いました。

最近は材質が良くなったせいか、ほとんど交換作業を行う

こともなくなりました。

2015年04月18日

タイヤ交換

古い機械では対応できないタイヤの

交換依頼が多くなり、タイヤチェンジャー

及ホイルバランサーを入れ替え数年が

経過しましたが、おかげさまでランフラットタイヤ

スタッドレスの交換を多く手掛けること

ができるようになりました。

 

DSCN3069.jpg

DSCN3068.jpg

気が付いたらチェンジャーの周りに置ききれない

程、タイヤの山ができていました。

 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2015年04月

2015年04月にブログ「世田谷区の小林自動車修理工場」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年01月です。

次のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34