« クーラーガス/チャージバルブ | メイン | 夏休みのご案内 »

エアバック開く

ほとんどのお客様は、事故でエアバックが

開くという体験はされないかと思われます。

そう言っている私も経験はありません。

DSCN1404.jpg

大きな事故を起こすと、こんなことになります。

幸いにして怪我はされなかったとのことで

ほっとしました。

当然修理も大規模になります。 

  DSCN1435.jpg

室内はここまで分解します。

DSCN1437.jpg

エンジンも下ろしましたが、大変な修理です。

こんな大きな板金修理は2階板金工場の

フレーム修正機で行っています。

又、点検、車検、故障診断機を使用するような

一般修理は1階工場で行います。

御用命をお待ち致しております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kobayasijidousha.co.jp/bin/mt-tb.cgi/201

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

About

2013年07月06日 07:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「クーラーガス/チャージバルブ」です。

次の投稿は「夏休みのご案内」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34