« 2012年06月 | メイン | 2017年08月 »

2012年07月 アーカイブ

2012年07月01日

パンク

お客様からパンク修理の依頼があり

電話で状態を伺うと、右の後輪タイヤに異物が

刺さっているが、空気が抜けていないので弊社迄

来店されるとのことでした。

調べてみると空気は入っていませんでした。

そうですランフラットタイヤです。

メーカーに問い合わせたところ、パンクしてからの

走行距離がわからないので、修理は危険とのこと

やむなくお客様に交換をお勧め致しました。

ところが残りの3輪のタイヤ圧を調べると、

あろうことか、左の後輪もパンクしているでは

ないですか!

結果後輪2本を交換することになり、お客様にとって

思わぬ出費になりました。

DSCN0418.jpg

右側が右後輪、左側が左後輪に刺さっていた

異物です。

たかがパンク、されどパンクです。

気が付かずこのまま高速走行でもされたら

どうなっていたかわかりません。

(TPMSは付いていませんでした)

このあたりがランフラットの問題点かも知れません。

従来のタイヤは空気が抜けると、ぺしゃんこになり

目視でパンクの判断ができるからです。

余談ですが、私自身東名高速で右後輪がバースト

して、非常に怖い思いをしました。

バンという異音が出たと思ったら

突然ボディー全体がガクガク揺れ、方向性を失い

追い越し車線から、やっとの思いで左の

路側帯までたどり着きました。

事故に至らずにほっとしましたが、お客様には

このうな経験をしてもらいたくないものです。

 

2012年07月06日

ボッシュKTS/FSA

ボッシュ製診断機、KTS520システムテスター

FSA720エンジンテスターを導入し、早いもので

7年が経過して、今では当社にとってなくては

ならないテスターになりました。

DSCN0009.jpg

エンジンのみならず、ホイルのスピードセンサー出力

や各種センサーの診断もできる優れものです。

このトロリーをごろごろ引っ張って診断車両まで

運びます。

又、後に導入したKTSブルートゥース診断機も

日々活躍しています。

KTSは数年前まではポルシェ純正診断機として

使用されていたと聞いています。

 

 

 

2012年07月14日

ヒーターレジスター

BMW/E46とE39のヒーターレジスターが壊れ

同時期に入庫しました。

E46はブロアモーターの回転が制御できなくなり

かたやE39はブロアモーターが回らなくなりました。

DSCN0461.jpg

DSCN0462.jpg

左がE46に付いていた部品で、右がE39に付いて

いました。

メーカーは違いましたが、まったく同じ部品でした。

このように車両が違っても同じ部品もしくは

互換性をもたせてくれれば、修理もやりやすく

なりますし、メーカーも多くの部品を在庫しなくても

すむのではないでしょうか!

弊社ではこのような故障修理をはじめ、車検や

点検、又、2階工場では、板金塗装も行っております。

ご用命をお待ち致しております。

2012年07月24日

テンションロッド

ベンツW203に乗っているお客様から

異音修理の依頼を受けました。

左後輪付近から音が出るというので、走行テスト

を行い異音の確認を行いました。

思っていた音よりかなり大きく、早速リフトアップ

して、下回りを点検しました。

あろうことかテンションロッドが折れているでは

ないですか!

お客様へ連絡すると、心あたりはないが交換して

くださいとのこと、交換作業を行いました。

DSCN0478.jpg

DSCN0479.jpg

めがねと比較しましたが、50cm位ある大きな部品

です。

折れた原因は分りませんでしたが怖い故障です。

 

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

About 2012年07月

2012年07月にブログ「世田谷区の小林自動車修理工場」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年06月です。

次のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34