« ヒューズボックス | メイン | オートサービスショー2019 »

懐かしいヒューズ

今ではブレードタイプのヒューズを使用して

いますが、少し前までは

PB143052.jpg

皆さんも見覚えがある、上のようなヒューズが使用

されていました。

P1014172.jpg

上の写真のような別付けのヒューズホルダ

もありました。

白く細長い前後に配線が付いている部品です。

ちなみにヒューズボックスの右にあるアルミの

ウィースキービンのように見えるのが、SU

キャブレターの上部です。

電子制御ではありません。

ツインキャブやウエーバーの3連キャブ

などの調整は、メカニックも職人の領域です。

故障診断機は通用しません,アナログです。 

弊社でも多数の故障診断機を使用していますが、

センサー、アクチュエータ、コンピュータ

デジタル制御、なんとなくなじみにくい

部分は感じられます。

 

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kobayasijidousha.co.jp/bin/mt-tb.cgi/139

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2019年07月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

About

2012年02月16日 14:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ヒューズボックス」です。

次の投稿は「オートサービスショー2019」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34