« 2012年01月 | メイン | 2017年08月 »

2012年02月 アーカイブ

2012年02月01日

暗電流

暗電流、聞きなれない用語だと思いますが、

車のキーを抜いても流れている電流のことで

電子デバイス用語とは違います。

車両機器の待機電流などで、一般的に0,05A

以下であれば正常とされています。

バッテリのあがったベンツCクラスが入庫しました。

暗電流を測定したところ0,4A流れていました。

P1013217.jpg

これではバッテリはあがってしまいます。

早速診断機で診断すると、運転席のコントロール

ユニットで流れていることが確認できました。

P1014160.jpg

交換したコントロルユニットです。

パワーシートモータが焼き付いた車両ですので

お客様にとっては思わぬ出費になりました。

 

2012年02月04日

ヒューズ焼損

撮りためた写真を見ていたら、焼けたヒューズ

の写真が出て来ました。

P1011187.jpg

ワーゲンゴルフのラジエタークーリングファンの

ヒューズだったように記憶しています。

接触不良を起こし、接触抵抗によって焼けたと

思われますが、ヒューズが焼けて熱を持つと

いうことは、ヒューズボックスも熱で焼け溶けます。

P1011188.jpg

ヒューズボックス及びヒューズを交換して、動作テスト

を行いますが、一般的にヒューズボックスの交換が

やっかいです。

メーンのヒューズボックスになると、ヒューズも

20から30本以上付いていますし、配線も数十本

付いていて、交換ができない場合もあります。

悩ましい故障です。

配線ショートなどで過大電流が流れると

ヒューズが切れて、このようにはなりませんが

ごくまれにこのような故障があります。

 

 

 

2012年02月10日

ヒューズボックス

最近の車両のヒューズボックスはかなり複雑

で、コンピュータやリレーが付いている場合が

あり、配線図がないと見た目ではまったく

分からないことがあります。

又、1台の車にいくつも付いています。

ベンツは、フロントサム、リヤサムといって

ヒューズボックス本体がモジュールや

コンピュータになっています。

故障するとアッセンブリ交換になります。

P1013220.jpg

P1013551.jpg

P1012697.jpg

リレーやヒューズを外す作業の前には必ず写真を

撮るようにしています。

どこに何が付いていたか分からなくなる恐れが

あるからです。

2012年02月16日

懐かしいヒューズ

今ではブレードタイプのヒューズを使用して

いますが、少し前までは

PB143052.jpg

皆さんも見覚えがある、上のようなヒューズが使用

されていました。

P1014172.jpg

上の写真のような別付けのヒューズホルダ

もありました。

白く細長い前後に配線が付いている部品です。

ちなみにヒューズボックスの右にあるアルミの

ウィースキービンのように見えるのが、SU

キャブレターの上部です。

電子制御ではありません。

ツインキャブやウエーバーの3連キャブ

などの調整は、メカニックも職人の領域です。

故障診断機は通用しません,アナログです。 

弊社でも多数の故障診断機を使用していますが、

センサー、アクチュエータ、コンピュータ

デジタル制御、なんとなくなじみにくい

部分は感じられます。

 

 

 

 

2012年02月17日

警告灯

国産車でも最近警告灯が点灯することが

増えてきました。

P1014200.jpg

P1014195.jpg

真ん中の赤いマークです。

エンジンの警告灯は、別の箇所にあるので

何の警告か、ディーラーに問い合わせました。

ABS、ASR、シートベルト、バッテリ、充電系統

とのことでした。 

P1014199.jpg

このメーター内にも、エンジン、バッテリ、ブレーキ、

販売店に連絡まであり、いたれりつくせりですが、

分かりにくい感があります。

警告灯が点灯したら、最寄の工場に相談した

ほうが良いと思われます。

点検というのは、そういう意味だと思われますが、

2重の注意喚起なのでしょうか!

 

 

 

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

About 2012年02月

2012年02月にブログ「世田谷区の小林自動車修理工場」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年01月です。

次のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34