« ガイドブックその2 | メイン | オートサービスショー2019 »

ヘッドライトの黄ばみ

近年のヘッドライトレンズはポリカーボネイト樹脂

素材レンズが主流になり、紫外線や熱などで黄色く

変色、又は白濁したりすることがあります。

弊社ではそのようになったレンズを蘇らせる為に

磨き・コーティングを行っております。

弊社の作業は6工程からなり、仕上がりも1から3

工程のものに比べ、綺麗に仕上がります。

1, 1200番のサンドペーパーで黄ばみ落とし

2, 極細ペーパーで傷落とし

3, 研磨コンパンドで磨き

4, 仕上げコンパンドで仕上げ

5, アンダーコーテイング剤塗布

6, 仕上げコーティング剤塗布

以上の工程により、作業仕上げコーティン剤が

乾くまで約3時間から4時間くらいかかります。

金額は両側で14,000円になります。

ヘッドライトの交換よりはお安くすみますので

お勧めです。

P1013099.jpg  

作業前の黄ばんだレンズです。

P1013112.jpg

3、低速回転で研磨コンパンド磨きを行っています。

P1013114.jpg

仕上げコーテイング剤塗布を行い2時間経過して完成です。

交換したレンズのようになります。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kobayasijidousha.co.jp/bin/mt-tb.cgi/91

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

About

2010年12月04日 07:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ガイドブックその2」です。

次の投稿は「オートサービスショー2019」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34