« 2010年06月 | メイン | 2017年08月 »

2010年08月 アーカイブ

2010年08月10日

夏季休業のご案内

今年も早いもので夏休みの季節になりました。

各メーカーも休みに入り部品の入荷が難しくなります。

弊社でも下記日程で休みを取らせて頂きます。

    8月11日(水)から17日(火)迄

お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、宜しく

お願い申し上げます。

 

尚、緊急時には各保険会社のロードサービス

及びJAFにてご対応をお願い致します。

東京海上ロードアシスト 0120ー119ー110

あいおいロードアシスト 0120ー024ー024

JAF          0570ー00ー8139

 

 

2010年08月11日

エアコンの故障/その3

本日より夏休みに入りご迷惑をお掛け致します。

私はといえば、仕事で出社です。

前回エアコンの故障を掲載致しましたが、

今年は猛暑のせいかエアコンの故障が多くなって

います。

中でも費用がかかるのが、室内のエバポレータ

の交換です。

エバポレータとは冷気をだす部品で、エキスパンション

バルブからエバポレータ内に噴射されたガスが気化し、

気化した冷媒がエバポレータを一気に冷やし、

このエバポレータにブロアファンで空気を送り

室内全体を冷やします。

エバポレータは室内の一番奥にあり、車種によっては

インストルメントパネル全体を外さないと交換できません。

 

P1012199.jpg

ボルボ取り外し済み

P1012222.jpg

ベンツ作業途中

P1012658.jpg

トヨタ・ビィスタですが、この車はヒーターコアの

交換です。

ヒーターコアとエバポレータが一体に組まれているので

全体の取り外しになりました。

上記3台ともインストルメントパネル全体の取り外し

ですが、時間がかかり又難しい作業です。

ここまで分解すると車種の判別も難しくなります。

 

2010年08月17日

エアコン故障/その4

前回エバポレータ本体の写真を掲載

しませんでしたが、スバル・レガシーの

エバポレータを交換したので掲載します。

ガス漏れと詰まりがあり、交換後は風量、

効き共に良くなりました。

 

P1012645.jpg

以前はガス漏れ検知機を数台使用していましたが、

室内などは、ガス漏れの判別が難しく、現在は

クーラーガスにガス漏れ点検剤を注入して

目視でガス漏れを確認しています。

ボルボ/エンジン故障

ボルボのエンジンがかからないので見てほしいとの

修理依頼があり当社から近いので牽引して来ました。

工場で各部点検すると、エンジンの

コンプレッションが上がらないことが分かり

ました。

プラグの穴からマイクロカメラを挿入し、

燃焼室の内部を点検すると、驚く物がピストンの

上部にあるのが写りました。

 

P1012648.jpg

写真を見て頂くと、右上部にエキゾーストバルブが折れて

落ちています。

折れた原因はわかりませんが、これではエンジンは

かかりません。

シリンダヘッドオーバーホール及びピストンや

コンロッドなども損傷していることが考えられますので

中古のエンジンを乗せ換えることになりました。

タイミングベルトなど外から確認できるところに

異常がなく、時間があれば、エンジンを分解して

みたかったのですが結局折れた原因は分かりませんでした。

P1012651.jpg

P1012652.jpg

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

About 2010年08月

2010年08月にブログ「世田谷区の小林自動車修理工場」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年06月です。

次のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34