« 2010年02月 | メイン | 2017年08月 »

2010年03月 アーカイブ

2010年03月04日

LED

LEDとは皆さんご存知の発光ダイオードです。

順方向に電圧を加えると発光する半導体素子で、

白熱電球より寿命が長く今日では、様々な用途に

使用されています。

自動車にも多用されるようになりましたが、長所ばかりで

なく短所は、切れたときにはアッセンブリ交換になり

高額なことです。

従来の電球のように、切れた球を交換するような

ことはできません。

P1012307.jpg

ベンツの右テールレンズ(LED)です

P1012320.jpg

私どもで使用している作業灯です。

従来は蛍光灯を使用していましたが、配線がなく、

充電しておけば数時間は使用でき、作業性が

良く安全に使用できる為に、多用されるように

なりました。

P1012321.jpg

個人的に使用している、3Wレッド/コンパクトライト

です。

小さいのに驚きましたが、明るさにも驚きました。

 

2010年03月12日

シリンダヘッドガスケット

シリンダヘッドガスケットとは、エンジンの

シリンダブロックとシリンダヘッドの間に組み込まれて

いるガスケットのことで、レシプロエンジンのすべてに

使用されています。

ガスケットといっても重要な部品で、オイル漏れや

水漏れ、又、シリンダ内にオイルの混入、水の混入

などさまざまな故障の原因になります。

交換にはシリンダヘッドを取り外さなければならず

、時間と費用がかかります。

P1011311.jpg

ベンツのシリンダヘッドを外した写真です。

一番奥のオイル通路から外にオイルが漏れた

為に外したところです。

お客様に予算がなく、漏れ止めを塗布しましたが

残念ながらオイル漏れは止まらず、基本に立ち返り

ヘッドを外し、ヘッドガスケットの交換修理を行いました。

P1011312.jpg

シリンダヘッドの清掃を行い、ガスケット面の歪を測定

します。

幸い歪はなく、このまま組み付けることになりました。

P1011351.jpg

オイル漏れを起こし、交換したガスケットです。

このような修理から、車検、点検、警告灯の点灯

板金修理など受け賜ります。

2010年03月13日

続・ヘッドガスケット

前回はヘッドガスケットからオイルもれを

起こしたベンツの修理を掲載致しましたが、

今回はヘッドガスケットからエンジンオイル内

に冷却水(ロングライフクーラント)が混入した

ケースです。

P1012313.jpg

オーバーヒートを起こし、入庫したスバルですが、

オイルフィラーキャップを外し、エンジン内を確認すると

エンジンオイルに冷却水が混入していました。

オーバーヒートなどでヘッドガスケットが損傷すると

このようになることがありますが、オーバーヒート

を起こした原因部分の修理の他に、エンジンを分解

することになり、多額の費用がかかります。 

P1012315.jpg

冷却水が混入して白濁したエンジンオイルです。

こうなってしまっては走行することはできません。

オーバーヒートの原因はおもに水漏れですが、

サーモスタットやウォータポンプが壊れたり

又、ファンベルト切れなどもあり、走行中には

水温計に注意をはらう必要があります。

尚、最近の車両には水温計がなく、警告灯に

なっているものもあります。

いずれにせよ重要な部分なので使用説明書

をよく読んでください。

 

 

2010年03月19日

バッテリ交換

バッテリの交換くらいはご自分でとお思いの方

も多いかと思われますが、なかなか簡単には

いきません。

なぜならば電源を外すのにはバックアップを

とる必要があり、又、バッテリの位置が車種によっては

シートの下だったり、トランクの中にあったりと

昔の車と違うからです。

バッテリ交換をしたら、時計がくるった、カーナビの設定

、 ラジオの設定が消えた、パワーウィンドが動かない

警告灯が付いたなど、厄介なことが起こります。

設定やリセットをすればすむことですが、余計

な時間がかかります。

私共もバッテリを探してしまうことがあります。

バッテリは消耗部品ですので、メーカーも交換のことを

考えて設計してもらいたいものです

P1012260.jpg

クラウンのハイブリッド車ですが、トランクの仕切りの

四角く開いている部分から少しバッテリが見えます

、交換するにはトランク内の荷物を降ろし(汚さないように

気を遣い)、仕切り外さないとバッテリ交換ができません。

けして軽い物ではないので気合を入れて外します。

 

2010年03月25日

自動車重量税減税

24日(水)成立した2010年度予算に我々業界

又、自動車ユーザーに関係する自動車重量税の減税

が決まりました。

4月から自動車購入時や車検更新時に支払う

重量税が現在0.5トン当たり6,300円から

5,000円に減額されることになりました。

お客様にとっては朗報です!

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

About 2010年03月

2010年03月にブログ「世田谷区の小林自動車修理工場」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年02月です。

次のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34