« 2010年01月 | メイン | 2017年08月 »

2010年02月 アーカイブ

2010年02月06日

BMWのドア交換

BMWのドア交換の依頼を受けました。

近年の車両は外車、国産問わずドアの中に

エアバックが組み込まれています。

又、車種によってはパワーウィンド制御の

コンピュータまで組み込まれています。

一昔まえの車とは違い作業内容も複雑化し、

作業終了後には、エアバック警告灯のリセット

も行わなければならず、板金工場においても

正確な車両情報を元に作業する時代になって

きました。

P1011867.jpg

当社2階が板金・塗装工場になっております。

フレーム修正機や塗装ブースも備えています

ので、上記のような修理から、フレーム修正を

行うような修理まで、なんなりとご相談ください。

 

2010年02月11日

ワーゲン・ニュービートルRSi

車好きの方はご存知だと思いますが、

2001年に発売された限定車で、世界限定250台

日本では45台が販売されたそうです。

その車の1台が当社へ入庫いたしました。

3.2LのV6エンジンを搭載、4モーションの

4輪駆動車で、内装はレカロ社製のフルバケットシート

を装備し、スイッチやレバーの素材にはアルミや

カーボンを多様、ちなみに車検証入れまで内装色に

統一という凝った車に仕上がっています。

P1012229.jpg

 

P1012170.jpg

 

P1012230.jpg

 

P1012231.jpg

過去に何台ものニュービートルが入庫しましたが

他のビートルとは違い、異彩を放つ存在です。

当社のボッシュ製診断機で故障診断できました。

ドイツ製のワーゲンがドイツ製ボッシュの診断機

で診断できなければこまりますが、発売当初の

車両には対応できない場合があります。

年間4回のアップデート(毎年多額の費用負担

になります)を行い、多車種に対応出来るように

努力しております。

 

2010年02月27日

タイヤの磨耗

車検や12カ月点検時には、必ずタイヤの空気圧

磨耗の点検を行います。

又、お客様にも日常点検が義務付けられています。

車検のご依頼を受けたお客様のタイヤを点検した

ところ、内側の磨耗が激しく、ワイヤーが出ていました。

車検や点検の時でないと、タイヤをはずすことが

ほとんどないかと思われますが、改めて点検の必要性

を感じました。

このようなタイヤで高速道路を走行するのは、あまりにも

危険です。

 

P1012309.jpg

下記写真は某メーカーのスペアータイヤです。

見ていただければわかりますが、ゴムが劣化して

剥がれてしまっています。

これではパンクしても使用できません。

これもやはり車検時にわかったことです。

P1011859.jpg

弊社1階工場が民間車検工場、2階が板金塗装工場

になっておりますので、車検や点検、又、

警告灯の点灯などの一般修理から、板金塗装まで

なんなりとご相談ください。

 

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

About 2010年02月

2010年02月にブログ「世田谷区の小林自動車修理工場」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年01月です。

次のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34