« 2009年12月 | メイン | 2017年08月 »

2010年01月 アーカイブ

2010年01月03日

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

2009年は明るい話題が少なかったように

思われますが、弊社では今年もお客様の

ご期待にお答えできますように頑張りますので、

宜しくお願い申し上げます。

 

外車、国産車を問わず、車検、点検、板金修理

又、メーター内のチェックランプ点灯などの一般

修理まで、なんなりとご相談ください。

2010年01月05日

クラッチオーバーホール・その2

去年12月のクラッチオーバーホールの

続きです。

スターターモータのギヤがかみ合わず、

エンジン始動不良のポルシェ356が

修理で入庫致しました。

スターターモーターを外しギヤを点検すると

ギヤが磨耗していました、当然ギヤがかみ合う相手

も点検しなければならず、覗いて見るとやはり

フライホイールのリングギヤも磨耗していました。

この車は水平対抗4気筒、空冷エンジンで

作業手順としては、エンジンを取り外さないと

クラッチ及びフライホイールの交換もできせん。

ワーゲンビートルも基本的に同じ構造になっています。

 

P1011878.jpg

P1011877.jpg

エンジンを降ろしてクラッチを取り外した状態の

フライホイールです。

一般的には、リングギヤが外れる構造ですが、

ポルシェ356は写真のとうり、リングギヤと

フライホイールが一体になっていて、

フライホイールのアッセンブリ交換になりました。

この年代の車になりますと、部品の手配も

大変です。

ドイツ本国オーダーで何とか手に入りましたが、

お付き合いのある部品商では入手できません

でした。

 

2010年01月09日

ポルシェのブレーキ

以前アウディーRS6のネーム入りの

ブレーキキャリパを掲載しましたが、

ポルシェが2台入庫したので、気になって

写真に撮りました。

P1012052.jpg

P1012056.jpg

ホイルの形状によって、ネーミングがよく見えます。

たしかブレンボ製だったと思いますが、やはりマニア

の心をくすぐるのでしょう。

何気ないことですが、質感はかなり上がります。

 

2010年01月17日

水没したコンピュータ

アウディーに乗られているお客様から

バッテリ上がりとパワーウインドが作動しないという

修理依頼を受けました。

故障診断機で調べることにしたのですが、診断機が車両

を認識できません。

暗電流を測定すると5A位流れていました。

その後良く調べていくと、パワーウィンドに流れている

ことがわかり、パワーウィンドの作動を各部

調べてみると、あろうことかパワーウィンドの

コンピュータが水没していました。

水没の原因は排水口がつまっていたので掃除を

しましたが、水没してしまったコンピュータは交換する

しか方法がありません。

コンピュータを交換して、コーディングを行い

バッテリ上がりとパワーウィンドの修理は終わりましたが、

コンピュータが壊れ故障診断機が使用できず

フロアカーペットの乾燥には時間がかかり、

修理が終わるのにはかなりの時間を要しました。

 

P1011402.jpg

P1011401.jpg

P1011347.jpg

エンジン、ミッションのみならず、パワーウィンドやパワーシート

などもコンピュータ制御化され、ポルシェカイエン

にいたっては40個のコンピュータが使用されている

と聞きましたが、制御が複雑になればなるほど

故障時には時間と費用がかかるものです。

尚、故障の原因によっては、当社の故障診断機

で対応できない場合もあります。

正直なところ、診断してみないとわからないところ

があり、ボッシュFSAは年間4回のアップデート

がありますが、メーカー、故障箇所、年式、型式等

すべてを網羅でなきないのが現状です。

ちなみに上記故障修理にはアウディー専用の

診断機を使用致しました。

上記のような故障から、車検、点検、板金、塗装

(2階板金塗装工場で承ります),廃車、名義変更など

ご相談ください。

 

 

2010年01月23日

SAE10W-60

SAE10W-60とはエンジンオイルの規格で

BMW/M5の推奨エンジンオイルです。

高温時でも粘度を保つ非常に硬いオイルといって

よいと思います。

近年の日本車(低燃費エコカー)は燃費を良くする為に

非常にやわらかいオイル0W-20を使用する傾向にあります。

当社でも0W-20から10W-50まで在庫していますが、

10W-60の在庫はなく取り寄せました。

エンジンオイル交換といっても使用オイルを間違える

とエンジンを壊す恐れもあり、注意が必要です。

又、エンジンオイルの量もM5は9,25リットルはいり

ポルシェなど10リットル以上も使用する車種もあり、

一昔のように、ご自分でオイル交換とはいかない時代

なのかもしれません。

 

P1012162.jpg

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2010年01月

2010年01月にブログ「世田谷区の小林自動車修理工場」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34