« 2009年11月 | メイン | 2017年08月 »

2009年12月 アーカイブ

2009年12月03日

アウディーRS6のブレーキ

めずらしいディスクブレーキなので写真に

撮りましたが、アウディーRS6の前輪

ディスクブレーキです。

P1011357.jpg

良く見ていただければわかると思いますが、

片側にディスクパットが2個ついています。

トラックの話で恐縮ですが、現行の三菱キャンタ

がダブルディスクブレーキだったと思います。

アウディーRS6は大出力なので、制動力も

それなりにないと止まらないのでしょう。

キャリパにはRSのネーミングが入っていますが

ブレンボその他各メーカーでも最近入れる傾向

があります。

その昔自転車に乗っている時に、フレーム、

変速機など選んで組んだように記憶しています。

車の場合、タイヤやアクセサリー程度しか

(車検等の規制がある為)選択できませんが、

マニアの心をくすぐるのでしょう!

 

 

 

2009年12月13日

クラッチ・オーバーホール

クラッチオーバーホールと言っても何のことやら

わからない方が多いかと思われますが、

30から40年くらい前に免許証をとられた方には

懐かしく思われるでしょう。

今でこそオートマチックミッションが主流になって

しまいましたが、当時の車はほとんどがマニュアル

ミッションでした。

マニュアルミッション車は、エンジンの動力を

クラッチディスク、ミッションを介してデフギヤに伝える

という方式です。

クラッチディスクが磨耗すると、エンジンの動力が伝わり

にくくなり、ついには車が動かなくなります。

この故障のことをクラッチが滑るといいます。

クラッチディスクの交換作業が、クラッチ

オーバーホールです。

以前は作業時間を競争するくらい頻繁に行われて

いましたが、今日ではさすがに少なくなりました。

今でもヨーロッパでは50%くらいの車が、

マニュアルミッション車と聞いています。

 

P1012008.jpg

左側がクラッチディスクで、右側がプレッシャープレート

(通称クラッチカバー)です。

ミッションの取り外し作業になりますが、その車に

精通していれば比較的早くできますが、フロントドライブ

車や4輪駆動車にいたっては、非常にやりにくく時間

のかかることもあります。

車種によっては、エンジンの取り外し作業になります。

つい最近では、スバルレガシーのツインターボ車の

オーバーホールを行いましたが、やはりかなり大変な

作業になりました。

上記のような故障から、車検、点検、一般修理

板金、塗装など、お気軽にご相談ください!

 

2009年12月17日

年末、年始のご案内

今年1年大変お世話になりありがとうございます。

弊社では誠に勝手ながら

12月30日(水)から1月5日(火)迄

休業とさせて頂きます。

なにかとご迷惑をおかけ致しますが、宜しくお願い

申し上げます。

尚、新年は6日(水)より通常営業とさせて頂きます。

 

故障や事故などの緊急時には下記へご連絡ください。

東京海上日動    0120-119-110

あいおい損害保険 0120-024-024

JAF          0570-00-8139

 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2009年12月

2009年12月にブログ「世田谷区の小林自動車修理工場」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34