« 2009年02月 | メイン | 2017年08月 »

2009年03月 アーカイブ

2009年03月02日

イモビライザー

イモビライザーとは盗難防止装置です。

キー本体に埋め込まれた電子チップのIDコード

と車両側のIDコードを電子的に照合して、エンジンを

始動させるシステムです。

何年か前のことですが、お客様が出先でキーを落として

キーが壊れてエンジンがかからなくなり、キャリアカー

で当社まで運んだことがありました。

エンジンがかからなくなった原因をいろいろ調べましたが、

キーを落としたことを聞かなかったのでイモビライザー

の故障と判断するまで、かなりの時間を要したように

記憶してます。

エンジンがかからなくなる故障はよくあることですが、

故障原因に新たにイモビライザーが加わることで

故障診断がより複雑になり、難しくなりました。

イモビライザーは新車販売時にオプション設定になっている

場合もありキーを見ただけでは、まったく判別できない

厄介なシステムです。

昔のスチール製の単純なキーであれば、コンクリに

たたき付けても何でもないですが、近年のキーは

メーカーを問わず要注意です。

旅行先で車を置いて帰ることになりかねません!

 

車検、点検、板金、塗装に加え上記のような故障についても

ご相談ください。

尚、イモビライザーに関してはメーカーにより対応できない

場合もあります

2009年03月08日

シールドビーム

シールドビームと言ってもなんのことやらわからない方が

多いかと思われますが、今ではほとんど見かけなくなった

ヘッドライトのことで、20年から30年以前の車に使用されていました。

白熱電球でレンズ及び反射板が一体となった物です。

現在ではハロゲンバルブがヘッドライトの主流になっています。

ハロゲンバルブはハロゲンガスを封入した電球で、

シールドビームより明るく、長寿命のライトということで開発

されました。

ハロゲンヘッドライトの車が最初に出たときには、明るいのに

驚きましたが、以前ご説明したキセノン球はハロゲンの約2倍

の明るさということで、夜間の運転もずいぶん楽になりました。

ただキセノン球のデメリットは高額なことです。

安くなればもっと普及すると思います。

P1011261.jpg

当社のデットストックになってしまったシールドビームです

丸いものが初期型で、この電球は4灯タイプの物です。

 

P1011258.jpg

左がハロゲン球のH1タイプで当社の売価が1,800円

右がニッサンのキセノン球で値段が13,000円

ベンツその他外車は25,000円から30,000円位です。

球が切れた時に驚かないでください。

ただし、キセノンはハロゲンほど切れることはありません!

余談ですが、最近の車は扁平タイヤ(メーカーによって

はランフラットタイヤ)を使用しています

1本20、000円から50,000円以上する物もあり交換時には

それなりの覚悟が必要です。

営業の方はあえてデメリットは説明しませんが、高性能

というこは裏を返せば補給部品も高額と思って

間違いないようです!

 

キセノン球の取付け、車検、板金(当社2階工場にて)、一般修理、名義変更、

廃車手続き ,べンツ、BMW、ワーゲン・アウディー、その他外車の修理、

お問い合わせください!

2009年03月18日

ETC

テレビや新聞などでさかんに報道されていますが、

ETC取り付け車両に限り、土、日、祭日高速料金が1、000円

(上限)になるとのことで、販売店はETC特需などと報道されています。

特需とはあまり良い言葉ではないと思いますが、実際に

多数の方からご注文を頂いております。

しかし、車載機が注文に追いつかず入荷が止まってしまいました。

又、量販店でも在庫が底を付いているとのことです(3月18日現在)

当社でも何とか8台は確保しましたが、注文にお答えできなく

なりました。

ご迷惑おかけいたしますが、入荷までしばらくお待ちください。

今までも助成金の施策はありましたが、いまいちお客様

の反応は良くなかったですが、高速料金1,000円がかなり

インパクトがあったようでETC車載機も普及すると思われます。

ただし良いことばかりでないようで、5月の連休などは

例年よりかなりの渋滞が予想されているそうです。

時間に余裕を持って十分注意して運転してください。

尚、休日、祝日、は保険代理店も休みのことが多いので

もし事故や故障を起こしてしまった場合は、ご契約保険会社の

フリーダイヤルに電話してください。

 

年中無休24時間受付ております。

東京海上  0120-119-110

あいおい  0120-024-024

 

事故や故障時にはその場でどうしたらよいかわからず、

混乱するものです。

保険会社から適切な指示が仰げますので、万が一の場合は

すぐに当社、又は保険会社フリーダイヤルへ連絡ください。

 

 

P1011290.jpg

ワーゲンのセンターコンソール内に取り付け致しました。

P1011286.jpg

パナソニック分離型

P1011287.jpg

三菱製分離型

P1011288.jpg

当社在庫のキセノンセット(関係のない話で申し訳ありません)

ETCの在庫は現在ありませんが、キセノンはいつでも付けられます。

2009年03月20日

ETC助成拡大

3月20日読売新聞

国土交通省は19日、ETC機器の購入・取り付けへ

の助成を計100万台分とすると正式発表した。

18日現在で32万台に助成され、100万台の助成枠

では申請に応えきれない恐れがでてきた。

このため、金子国交相は19日の記者会見で、

 「さらに需要がある場合は別途検討する」と述べ

助成の拡大をする考えを示した。

 

これで一安心ですね!

助成が始まったのが3月12日ですが、3月いっぱい

で締め切ったのでは19日間しかありません。

混乱するのはあたりまえだと思います。

少し落ち着けば車載機も入荷すると思われますが、

仮に運悪く助成が受けられなくても、ETC車載機さえ

取り付ければ28日からは地方高速道路は値下げ

されます。

又、助成にこだわらなくても、落ち着けば廉価な車載機が

入荷すると思われます。

 

 

2009年03月22日

「1000円高速」好発進

日本経済新聞

全国的な高速道路料金の引き下げに先立ち、

20日、東京湾アクアラインと本州四国連絡橋で

休日(土日祝日)の通行料金を上限1,000円に

する割引が始まった。

アクアラインの海ほたるパーキングエリアでは

駐車場に入る車が列をなした。

 

ETC車載機が付いている方には朗報ですが、

まだ付けていない方には歯がゆいニュースです。

車載機は一時的に品薄になって予約を頂いている方には

ご迷惑をおかけしておりますが、少し落ち着けば必ず

入荷すると思われますので今しばらくお待ちください。

仕入先には無理を言って、昨日3台手配できましたが、

助成が始まる前でしたら何台でも仕入れることができた

ことがうそのようです。

 

 

 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2009年03月

2009年03月にブログ「世田谷区の小林自動車修理工場」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年02月です。

次のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34