« 2009年01月 | メイン | 2017年08月 »

2009年02月 アーカイブ

2009年02月02日

ランフラットタイヤ

パンクして空気圧が0になってもそのまま一定距離走行

できるタイヤで、近年特にBMWで使用されています。

ブリジストンでは、BMW,フェラーリ、アウディー、ワーゲン

レクサス専用として販売しています。

パンクしてもそのまま一定距離走行出来る為に

後続車に追突される危険性が低い反面、パンク走行

するとタイヤが使用できなくなるケースが多く、又

高価であるというデメリットもあります。

使用されているご本人がランフラットタイヤであることを

認識されていないことがあるので、上記車両に乗られて

いるユーザーは確認された方が良いと思います。

パンクしてもスペアータイヤはありません!

2009年02月08日

ベンツSBC・トヨタECB

ベンツSBC(ボッシュ社製センソトロニック・ブレーキ

コントロール)

トヨタECB(電子制御ブレーキシステム・ハイブリッド車に使用)

いずれも電子制御ブレーキシステムで、整備上診断機を

必要とします。

SBCの場合はディスクパット及びブレーキオイルの交換に

又、ECBの場合はブレーキオイル交換に診断機

(スキャンツール)を使用します。

このようにごく日常的に行われるブレーキ作業においても

スキャンツールや専門知識が求められる時代になりました。

当社においては、SBC・ECBともに整備できる診断機を

保有していますので、車検整備や定期点検における

ブレーキ整備やディスクパッドの交換もお任せください。

又、警告灯の点灯も故障診断機で故障診断できますので

お気がるにご相談ください。

(尚、診断も多岐にわたり各種診断機を使用致しますが

一部車種で対応できない場合もあります)

 

2009年02月14日

キセノンライト

ベンツG55のヘッドライトをキセノンに変更依頼を

受けました。

ヘッドライトをキセノンに付け替け換え作業が終わり

車両側の設定をキセノンに変更しましたが、

ッドライトが点滅する誤作動を起してしまい調べたところ、

車両によってはキャンセラーの取り付けが必要とのこと

キャンセラーを取り付け無事にライトは点灯しました。

キセノンライトとはHIDライトやディスチャージライト

とも呼ばれ、ヘッドライトの中にキセノンガスを入れ

放電現象を起すことによって発光させるシステムです。

従来のフィラメント式に比べ消費電力は少なく

明るさは2倍以上の性能です。

ヘッドライトが暗いと悩んでいる方にはお勧めです。

P1011194.jpg

ベンツG55の車両側をキセノンに設定しているところです

P1011196.jpg

今回取り付けたキセノンライトです。

ベンツ専用診断機を導入しましたので、このような作業も

可能になりました。

ベンツ、BMW、ワーゲンその他外車の修理、又、

国産車の修理など気軽にご相談ください。

 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2009年02月

2009年02月にブログ「世田谷区の小林自動車修理工場」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年01月です。

次のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34